しあわせ貯金箱

主婦歴2年目。時間管理、家計管理、健康管理。少しずつ整理していきます。---最近、片付け・お掃除頑張っています!

失業保険受給までの至り(産後&障害者編)

 

おうちでまったり過ごすことが多くなりました。ayumiです。

引きこもり気味ですが、平穏で無駄な出費もなく、静かな毎日が幸せです。

息子を自宅に引き取って、何が違うって・・・

やっぱり赤ちゃんと一緒の生活は部屋が明るくなりますね。

「いつ帰ってくるのだろう」「(産後すぐということもあり)仕事もできず、かといって体力も回復しておらず外出もできない…息子のことを詮索されたくないので誰とも会えない…」と、本当に鬱々とした毎日でしたが、そういった不安もなくなりました。

周囲に心配されていた「育児ストレス」とかいうものは殆ど感じないくらい、もう息子を溺愛。

最近は生後4か月にもなり「息をしているかな、どうかな」と心配して何度も寝息を確認することもなくなり、隣の部屋でおもちゃで遊んでいる様子を目で音で確かめながらゆっくりPC作業ができるようになりました( *´艸`)

よく飲み、よく寝て、良い子です。

まぁ、ねんね期からハイハイするようになってきたらまた忙しくなるんでしょうけれども・・・笑

 

***

 

余談が長くなりましたが。

私の場合の失業保険の申請についてです。

 

私は妊娠に伴い、以前から働いていた派遣業の「任期満了」時期も重なって、継続勤務せずに退社しました。

私の場合の条件としては、

  • 自己都合退社ではなかった
  • 退社後障害手帳を取得していた
  • 妊娠中であった

ことなどから、私がしたこと・用意したもの・受給決定~口座に失業保険が振込まれるまでのフローをまとめます。

 

①出産前にハローワークに行く(又は電話問い合わせ)

私はたしか妊娠8か月まで働き、9か月頃にハローワークに行きました。

お腹も重かったので、最小限の準備で行きたくて、事前に持ち物など問合せ手順を確認してから出向きました。

行ったことは以下の通りです。

  1. 退職後、届いた離職票を準備
  2. 失業保険の受給資格があるかの確認
  3. 失業保険金の受給期間延長手続きをする(離職日から30日過ぎてから1か月以内)

持ち物は、以下。

  • 雇用保険被保険者離職票(-1、2)
  • 本人確認、住所及び年齢を確認できる官公署の発行した写真つきのもの
    (運転免許証、住民基本台帳カード(写真つき)等※)
  • 写真(たて3cm×よこ2.5cmの正面上半身のもの、かつ、3か月以内に撮影したもの)2枚
  • 印鑑
  • 本人名義の普通預金通帳(郵便局も含む)

※運転免許証などがない場合は、①健康保険被保険者証またはパスポート ②住民票記載事項証明書 ③国民健康被保険者証のうち異なる2種類

妊娠・出産で退職後にハローワークで失業保険を受け取る方法 | はじめての出産準備完全ガイド より

また、妊娠による受給期間延長ということで、妊娠の証明のために母子手帳、私は障害手帳を持っていたので障害手帳も提出しました。

 

ここまでで、一旦ハローワークの手続きはおしまい。

あとは残りのマタニティライフを楽しみ、お産に注力・・・。

 

 

②産後ハローワークに行く

無事出産後(要は働ける身体になった後)、子どもの預け先など日中の養育の担い手が見つかり、ハローワークで「この人は働ける状態だな」と確認できる程度になった状態で、ようやく失業保険が受給できるとみなされます。

本来は、失業保険というのは働く気がない人は受給できません。(これから専業主婦になるつもり等)

あくまでも、ハローワークに行く際は「私、働きたいから仕事探しているけどまだ決まらないんです(´・ω・`)」っていう顔にしています。。。笑

 

私が行っている産後のハローワークに通いの概要については以下の通り。

  1. 受給期間延長の解除・失業保険受給の手続き(5/17(火))
  2. 雇用保険説明会(子連れ不可)(5/24(火))

      ↓  ここで受給期間・金額の書かれた

     ↓  「雇用保険受給資格者証」がもらえます。

 3.認定日(6/7(火)より4週に1回)※その日はその場で求職活動も兼ねて行う(PCで求人検索など)

 4.初回振込(6/9(木)に口座に入金ありました)

 

1.ですが、確か出産した証明で母子手帳を提示し、尚且つ子どもの預け先を聞かれました。私は家計が本当に苦しかったので、早々(妊娠中)に保育園の内定を決めていて、働ける体制が整った条件として提示しました。

「生後57日を過ぎ、月齢も条件が整ったので今日から子どもを保育園に預けています。(本当はまだ乳児院だけれど、帰宅後すぐ保育園スタートの予定だからいっか)」と、ハローワーク側には説明しました。

園名こそ聞かれたものの、特に問い合わせるようなことはないと思います。保育園との契約書なんてものも必要なく、あくまでも口頭での確認でした。

又、障害手帳を提示したのですが、思わぬ恩恵が。

【障害者の場合の優遇】

  • 一般窓口ではなく別フロアに障害者専用の受付ブースがあり、そちらで対応。頂いていた「雇用保険受給資格者のしおり」の内容を再度条件確認。
  • 金額の優遇はないものの、受給できる期間が長くなりますよ、と教えてもらいました。これはありがたい!(私の場合は90日⇒300日もの間、受給できるようになりました。)
  • 本来ならば別日程で再度赴かないといけない「職業講習会」は実質免除。同内容を障害者用の同じ窓口のスタッフが個別対応で行ってくれるので、わざわざ来なくても大丈夫です、と配慮してくれました。
  • 本来は求職活動は月に2回ハローワークに赴かなければいけない規定ですが、特例で障害者の場合は求職活動は月2回⇒月1回に。これにより、認定日に求職活動を一緒に行ってしまえば、ハローワークに赴くのは月1回のみでよいこととなります。確かに、身体障害の方にとってはありがたい配慮ですね。
  • 障害者向けの求人を教えてもらえる(実は大手が多かったり業務内容も優遇されていてありがたい)

2.の初回講習会では、子どもはまだ乳児院に居たので特別預け先に困ることもなく一人で行けました。普通なら、この日だけは何としても誰かにお子さんを見てもらう必要がありますね。失業保険受給のためには大切なことです。

ちなみにこの日、雇用保険受給資格者証が手渡されます。これが重要で、この日まで自分が何日間いくらの金額を受給できるか詳細がわからないのでドキドキします。。私は

給料の6割程度の金額を300日間受給できることが分かり、本当にありがたい&助かります・・・過去に辛い思いもしたけど、すぐ辞めずに頑張って働いて雇用保険入っててよかった!

3.認定日は現在3回目ですが、事情を色々担当者と話し合うと「お子さんも小さいし、求職活動はゆっくりで良いんじゃないですか」と、なんともゆるく優しい対応です。1回良さそうな求人の電話が来ましたが、条件に合わず流れていきました。

 

たぶんこんな感じで満期まで受給するかな、といったところです。

 

ご参考になれば幸いです♪

 

 

---------------------------

応援よろしくお願いします☆彡

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村